成長期の子供のカルシウムの摂取量を考える

足の屈伸をする男の子

成長期の子供のカルシウムの摂取量はおおよそこのくらいです。

 

 

厚生労働省では日本人の1日のカルシウムの摂取量は成長期の子供で

 

900r〜1100r

 

 

となっています。

 

 

ちなみに成人では700rのカルシウムが必要です。

 

 

やっぱり成長期にはよりたくさんのカルシウムが必要なんですね。

 

 

日本人の平均カルシウム摂取量

 

日本人のカルシウムの実際の摂取量の平均です。

 

カルシウム摂取量の平均(r/1日)

 

1〜6歳    男517  女481

 

7〜14歳   男770  女671

 

15〜19歳  男621  女487

 

20〜29歳  男471  女475

 

30〜39歳  男475  女475

 

40〜49歳  男507  女500

 

50〜59歳  男533  女560

 

60〜69歳  男613  女598

 

70歳以上  男582  女539

 

 

これを見ると一日平均が550rくらいなので、

 

 

カルシウムの摂取量は全然足りてないのが現状なんですね^^;)

 

 

カルシウムをしっかり摂取留守rには

紙パックの牛乳

牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品。豆腐、納豆などの大豆製品。

 

小魚、緑黄色野菜などがカルシウムをふんだんに含んでいます。

 

 

食物で取れない場合はやはりサプリメントを利用して、子供に必要な900r〜1100rを摂取ていくのがいいですね。

 

 

特にカルシウムの成長期の摂取量というのは、その後の成長と骨格の形成に大きく影響します。

 

 

子供の体格をしっかりしいたものにしたい時にはカルシウムは必要なんですね^^

 

 

 

トップページ